MENU

SWELLとCocoonの表示速度を比較してみた!

SWELLの表示速度を爆速だった(Cocoonとの比較あり)

WordPressのテーマであるSWELLのページ表示は「速い」という評判をよく聞きます。

ページ表示が速いということは、Googleからも評価されて、結果的にSEO対策となって、検索結果の上位表示にも繋がります。

つまり、「検索結果上位表示」→「アクセスが増える」→「より多く稼げる」ということですね。

僕は、最近までCocoonを使ってアドセンスで稼いでいましたが、以前よりかなり気になっていたSWELLに乗り換えました。

その一番の理由が、既に書いているように「ページ表示」が速いからです。

とは言え、「SWELLって本当に速いの?」と疑問を持っている人もいると思うので、実際に、SWELLのページ表示をGoogleの公式サイトで計測してみました。

ついでに、無料で高機能なCocoonとの比較もしています。

他のテーマから、SWELLへの乗り換え(移行)を検討している人は、ぜひ参考にしてください!

目次

同一サイトでSWELLとCocoonのページ表示速度を計測

さっそくですが、SWELLとCocoonで全く同じ条件でGoogleのページ表示計測サイトで、実際に計測した結果がこれです。

SWELLとCocoonで全く同じサイト(コンテンツが同じ)で速度計測

この結果を見てわかる通り、SWELLはPC(デスクトップ)が満点の100点で、スマホ(携帯電話)もほぼ満点の99点です。

対して、CocoonはPCがほぼ満点の99点で、スマホはちょっと遅くなって89点という結果でした。

一見、Cocoonはスマホの表示が遅くなっているように思われますが、スマホ用のページ表示というのは、通常はPCより速度が落ちてしまいます。

実際に、他のいろんなテーマでも、総じてPCよりスマホの方が表示速度が落ちます。

だから、「スマホの表示でCocoonが遅いのではなく、SWELLが異常に速い」ということが言えます。

(ちなみ、Cocoonは高速化オプションを軒並み有効にした結果です)

なぜ、SWELLはスマホの表示が速いのか?ということですが、SWELLはページ表示をいかに速くするかに開発時から注力していて、「ページ表示において読み込む必要がないいろんなファイルを読ませないようにする」などを始め、いろんな工夫をされています。

ページ表示に関しては、次のYoutubeでSWELLの開発者である了さんが話をされているので、興味がある人は観てはどうでしょうか。

ページ表示の計測条件

計測結果が先になってしまいましたが、計測用のサイトの詳細な情報を書いてみます。

コンテンツの詳細情報

まずは、以下の表は表示の計測に使ったサイト(コンテンツ)の情報です。

ブログ(サイト)を運営する場合は、このぐらいは投稿するんじゃないかというだいたいの記事数(30)にして、記事内のブロックはSWELL、Cocoonの独自ブロックでは一般的なブロックのみにして、どちらかが表示速度で有利にならないようにしました。

画像はちょっと多めにしています。

項目詳細内容
記事数30
記事内ブロック段落、見出し、画像、リスト、ブログカード、リンク
画像数80
ページ表示の速度計測に使ったサイト(コンテンツ)の詳細情報

Cocoonの設定

Cocoonには、ページ表示を高速するための設定があります。

「Cocoon設定」→「高速化」で設定できるオプションですが、以下のすべてのオプションで表示が速くなるように「有効化」を設定しています。

今回の計測に関係しない設定項目もありますが、ひとまず全て設定値はONとしました。

設定項目設定内容と設定値備考
ブラウザキャッシュブラウザキャッシュの有効化 → ON
HTML縮小化HTMLを縮小化する → ON
CSS縮小化CSSを縮小化する → ON
JavaScript縮小化JavaScriptを縮小化する → ON
遅延読み込みLazy Loadを有効にする → ONLazy Load設定
GoogleフォントGoogleフォントの非同期読み込みを有効にする → ONLazy Load設定
WEBフォント(β版)アイコンフォントの非同期読み込みを有効にする → ONLazy Load設定
Cocoonの高速化設定

SWELLの設定

SWELLの方は、特別に高速化のオプションは設定はしていません。

というのも、高速化の設定をしなくても満点取れるだろうと思ったので、あえて設定しませんでした。(実際に計測結果は満点でした)

ただし、規定値で、いくつかの高速化オプションは有効となっています。

より多く稼ぎたい人は表示速度が速いテーマがおすすめ

SWELLがいかにページ表示が速いのかがわかったと思いますが、とにかく、「高速化」にかなり力を注いでいるテーマだといえます。

それは、SWELLの公式サイトでも確認できます。

公式サイトに、高速化とCWV対策(SEO対策に通じる対策)のプロフェッショナルである「スキルシェア」という企業と顧問契約をしていると記載されています。

最近、ツィッターで「CocoonからSWELLに乗り換えたよ!」という人をよく見るようになりました。

それだけ、SWELLは注目されているということであり、先の動画でも開発者の了さんが話をしていましたが、SWELLはかなり売れているらしいです。

テーマを切り替えるだけで検索結果の上位表示が期待できるのであれば、このテーマを使わない手はないと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる