ブログの必須プラグイン(Google XML Sitemaps)をインストール

ブログの必須プラグイン(Google XML Sitemaps)をインストール

ブログ(サイト)で収益をあげようとするんだったら、「SEO対策」というのは基本中の基本です。

「SEO」を日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となりますが、そのままだと今ひとつわからないかもしれません。

ようは、「Googleの検索結果で自分の記事が上位表示されるようにする対策」だと思えばいいです。

ブログにアクセスしてもらわないことには、アドセンスやアフィリエイトで稼げないことはわかりますよね。

だから、SEO対策はかなり重要で、「稼ぐための必須の対策」といえるんです。

その、SEO対策の第一歩して、「自分のブログはこんな構成になってますよ」とサイトの地図(=サイトマップ)を用意して、Googleにブログの情報を教えてあげる必要があります。

サイトマップはブログのルートディレクトリ(一番上の階層)にsitemap.xmlという名前で作成され、その内容は次のようになります。

サイトマップ(sitemap.xml)

サイトマップには、カテゴリごと、投稿年月別ごとなどの、記事のリンクが含まれていて、すべての記事が網羅されています。

このサイトマップがないと、あなたのブログの存在をGoogleにわかってもらえないかもしれません。

また、Googleからすべての記事を見てもらうためにも、サイトマップは必ず用意しましょう!

ここでは、「サイトマップ」を自動で作成してくれる「XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)」という便利なプラグインのインストールと、おすすめの設定について説明します。

ブログを開設して記事を書き始めたら、このプラグインをインストールして「SEO対策」の第一歩に進みましょう!

目次

XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)をインストール

(01) まずは、WordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインし、左のメニューから「プラグイン」(①)→「新規追加」(②)とクリック。

XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)をインストー

(02) 「キーワード」に「Google XML Sitemaps」を入力すると検索が始まるので、ちょっと下の方にある「XML Sitemaps」の「今すぐインストール」をクリック。

XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)をインストール

正式なプラグイン名は「XML Sitemaps」ですが、旧名称「Google XML Sitemaps」の方が検索しやすいため、旧名称で検索します。

似たような名前のプラグインがあるので、間違わないように!

XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)と名前が似ているプラグイン

(03) 続いて「有効化」をクリックします。

XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)をインストール

以上で、プラグインが使えるようになりました。

XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)を設定する

では、サイトマップ作成のための設定を行います。

(04) 管理画面の左メニューの「設定」(①)→「XML-Sitemap」(②)をクリック。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定を行う

上から順番に設定内容を説明します。

(05) 「基本的な設定」にある「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外します。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定(基本設定)を行う

Googleが巡回(クロール)する時は、sitemap.xmlしか見ないのでsitemap.htmlが含まれてなくても問題ないです。

僕のブログでこのチェックを付いていてGoogleからエラーの判定をされたことがあるので、これは外すようにしましょう!

(06) 「投稿の優先順位」にある「優先順位を自動的に計算しない」にチェックをつけます。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定(投稿の優先順位)を行う

規定値は「コメント」ですが、コメントが多くついている記事が優先となってしまうため、どの記事も同じ優先度にします。

(07) 「Sitemap コンテンツ」にある「カテゴリーページを含める」にチェックをつけます。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定(Sitemap コンテンツ)を行う

カテゴリーのページもSEO対策のページにしたいので、チェックをつけます。

(08) 「含めないカテゴリー」にある「未分類」にチェックをつけます。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定(含めないカテゴリー)を行う

「未分類」というカテゴリーに属する記事を投稿する場合は別ですが、普通は「未分類」のカテゴリーには記事を作らないのでチェックを外します。

ちなみに、「未分類」のカテゴリーを削除することはできません。

(09) 「Change Frequencies」にある、「投稿(個別記事)」、「カテゴリー別」とも、「毎日」に変更します。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定(Change Frequencies)を行う

記事を集中的に書き始めた場合に備えて、どちらも「毎日」に変更します。

(10) 「優先順位の設定(priority)」にある、「投稿 (個別記事)、、、」を「1.0」に、「カテゴリー別」を「0.6」に変更します。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定(優先順位の設定(priority))を行う

これも、さきほどと同じ用に、記事を集中的に書き始めた場合に備えて、どちらも「優先順位」を引き上げます。

(11) 最後に、一番下にある「設定を更新」を押して、設定を保存します。

Google XML Sitemapsでサイトマップ作成の設定を保存する

以上で、サイトマップ作成の設定が完了しました。

このプラグイン(XML Sitemaps)のインストールと設定は、記事を書き始めてしばらくしてから行っても構いませんが、サイトマップを用意することは、SEO対策の第一歩となるので、面倒臭がらずにかならずやっておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる